導入事例

事例1新築施設への導入個別ケアによる重度化予防

ココファミリア沼津 様

サービス付き高齢者向け住宅
(介護サービス事業所併設)
導入時期:2017年7月

写真:ココファミリア沼津(外観)写真:ココファミリア沼津(外観)

導入レポート

施設の理念・方針

介護も看護も施設内で提供し、入居者様もご家族様も心から安心して頂ける施設を目指しています。生活へのご要望を伺い、個々の特別なライフサポートプランを共に作成、おもてなしの心で寄り添ってまいります。入居者様はもとより離れて暮らすご家族様にとっても、心から安心して頂けますようサポート致します。

導入の目的

  • 温度管理と入居者様の生活リズムの把握や安否確認をすることで、お一人お一人に寄り添った支援を提供するため。

導入効果

個別ケアにより、不規則な生活習慣の改善、重度化を予防。

入居者A様の場合、睡眠レポートでは夜間の覚醒が多く昼夜逆転が起きていました。1週間の睡眠時間は合計34時間45分あまり。日常の活動量も少なく、1日2食、重度の便秘状態等、不規則な生活習慣の改善が必要でした。
そこで、デイサービスの利用を週3回開始。生活リズムを整えることにより、1週間の睡眠時間は41時間40分に増加。1日3食しっかり食べられるようになり、自発的な運動も実施。便秘状態も改善されました。

夜間の睡眠時間が、1週間あたり約7時間改善しました。

導入前【不規則な生活習慣】夜間覚醒が多く、昼夜逆転が起きていた。

管理画面イメージ(システム導入前)

【睡眠】夜間ほぼ覚醒【排泄】重度の便秘
【食事】1日2食【運動】なし

イラスト:入居者と居室(システム導入前)

合計睡眠時間 34時間45分/週

導入後【デイサービスを週3回利用】自発的な運動が増え、睡眠時間も増加した。

管理画面イメージ(システム導入後)

【睡眠】睡眠時間の増加【排泄】便秘改善
【食事】1日3食しっかり食べられるように改善
【運動】エアロバイクによる自発的な運動実施

イラスト:入居者と居室(システム導入後)

合計睡眠時間 41時間40分/週

他の事例をみる

お客様のご要望に沿った導入の
ご提案をさせていただきます。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。