職員さまの負担軽減と
施設の付加価値アップにつながるエアコンみまもりサービス

エアコンみまもりサービスとは・・・

クラウドサービスに対応するエアコンと非接触センサーを組み合わせ、入居者さまのプライバシーに配慮しながら居室の住空間情報と生活情報を検知して見守るサービスです。実証実験の効果検証から、温度管理と入居者さまの生活リズムの把握や、安否確認業務の負担軽減に効果があることがわかりました。
パナソニックのエアコンみまもりサービスは、入居者さまにとっての安心・安全な住空間の提供と同時に、介護職員さまの業務負荷軽減を実現する、先進的な仕組みです。

  • 24時間、居室状況の把握で職員さまの負担を軽減します。

    ポイント1

    居室内の温湿度、活動状況が一覧把握でき、異常時はナースコールへ通知します。
    ・熱中症の心配がある危険な温度→エアコンの遠隔操作が可能
    ・夜間の居室からの退出→すみやかな対応が可能

  • 居室内の常時見守りでケア品質の向上につながります。

    ポイント2

    人の目だけでは把握が難しい起床時間や夜中の高頻度な目覚めがわかるため昼夜逆転や不眠による体調不良が把握しやすくなり、よりお一人おひとりに寄り添った支援の提供が可能です。

  • 状況・状態の見守りは、施設への信頼を高めます。

    ポイント3

    システムが24時間、職員さまの見守りをサポートします。お一人で居室に在室している時も安心感を持って過ごせ、入居者さまとご家族からの信頼が、施設の付加価値アップにつながります。

  • 必要に応じての導入、一部屋1台から可能です。

    ポイント4

    新築、リフォーム、施設改修の時だけではなく、必要な居室へ一部屋1台からの導入が可能です。不要になった場合は、取り外して他の居室への移設ができます。入居・経営状況に応じて増設が可能です。

エアコンみまもりサービス ご紹介動画